08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

烈車戦隊トッキュウジャー第6話 

 トッキュウオーをサポートする烈車がシャドーラインによって離れ離れになっている。その一つが、ライトが食べ物探しの中で見つけた。一方、シャバルツ将軍もその情報を聞き現場に向かう。シュバルツ将軍は、見事な剣技でトッキュウジャーを圧倒し、下す。そして、案内させる。
 一方、離れ離れになったヒカリ達は、先回りしてサポート烈車・タンクレッシャーを見つける。
そして、シュバルツ将軍は専用クライナーロボで戦います。当初はクライナーロボが優勢だったのが、タンクレッシャーと合体したトッキュウオーに敗退。
 
 トッキュウオーに敗退するのは販促のため、仕方がないがそのうっぷんを晴らすかのように等身大戦では圧倒。うまいバラス。シュバルツ将軍、カッコ良い。今後が楽しみです。

[edit]

烈車戦隊トッキュウジャー第3話から第5話 

 トッキュウジャー、シャドーラインの幹部たちが仲が悪く、お互いけん制しあいます。そのような中、グリッダ嬢はシュバルツ将軍の役に立ちたいと思います。そのような中、シュバルツ将軍は、トッキュウジャーの特に、巨大ロボトッキュウオーの情報がほしく、トッキュウオーが闘う機会を欲しています。
 それを見たグリッタ嬢は、ノア夫人が新たな作戦を進行しており、その情報をひそかにシュバルツ将軍に教えます。
それを聞いたシュバルツ将軍は(但し、その情報をもたらしたのはグリッタ嬢とは知らない)、配下の列車ロボを派遣します。そして、巨大怪人と巨大ロボのチーム戦で戦い、負けます。
 しかし、データを得られたシュバルツ将軍は満足し、トッキュウジャーの前に現れ宣戦布告し、去っていきます。

 巨大雑魚ロボがかっこよいです。宇都宮プロデューサーは、スーパー戦隊では、複数のロボット対一体の怪人ではバランスが悪いと思い、「シンケンジャー」で巨大戦闘員を使いました。これは使い勝手が良かったのか、後続の戦隊でもプロデューサーが代わっても、継続します。

 私もこれには喜びました。なぜなら、巨大戦で、小型戦闘機部隊が廃止されて以来、一体の怪人に複数のロボという構図はロボが弱く見えてしまう欠点があったと感じたからです。もちろん、巨大戦闘員というコンセプト自体は以前からあったのですが、その時は一発ネタとしてしかありませんでした。恒常化させたという点で、宇都宮プロデューサーの功績は大きいです。
 今回の戦闘員ロボ、ぜひ玩具化してほしいです。バンダイさんお願いします。


[edit]

トッキュウジャー第1話・第2話 

 スーパー戦隊の新作のトッキュウジャー。「死んだも同然」(シャドーラインの支配地域の住民だから?)と言われ、重い雰囲気のはずのトッキュウジャー。しかし、ライトの持ち前のポジティブさと強引さでそれらを吹き飛ばすのはすごかったです。戦いも、乗り換えチェンジ(自分のパーソナルカラー以外のカラーに変身する)というのもユニークでよいです。必殺技が、その怪人の苦手とするものに変身というのも、ゴレンジャーを想起させてよいです。

 敵・シャドーラインも良い味を出しています。幹部は、トッキュウジャーのギャグ風味とは裏腹に、重厚でシリアスな雰囲気でまとまっています。シュバルツ将軍の寡黙キャラ、ノア夫人の妖艶で上品な美しさ、グリッダ嬢の醜い風貌とは裏腹の乙女チックな言動が良い味を出しています。これからが楽しみです。

[edit]

今回の雪害と天ぷら 

 今回の雪害は交通網を遮断し、物流が止まってしまい、死者が出るほどの大災害だった。
そんな時、我が国の首相は何をしていたのか。
高級料亭で天ぷらを食べて、さっさと家に帰ってしまったのである。

 誤解のないように言っておくが、高級天ぷらを食べていたから問題なのではない。
首相としての職務を放棄し、料亭に行っていたから問題なのである。
 首相ともなれば、国民に大きな災害が出ていれば、さっさと対策を立てて、ある程度の目途が立つまでは仕事に専念する義務がある。だから、官邸につめて、その際の食事に「高級天ぷらが出ようが」「松坂牛が出ようが」「特上うな重が出ようが」構わないのである。

 ところが、この天ぷら首相は、この大災害を前に何の対策も立てず、数日たってから対策会議である。その為に、死者も出たとあれば、もはや犯罪である。

 想像してほしい。あなたの同僚や部下が、仕事の時間中に仕事をせず、さっさと合コンに行ったらどう思うであろうか?それに対し何の反省もしなかったらどう思うであろうか?今回の天ぷら首相は正にこれをやっていたのである。

 天ぷら首相は責任を取って辞任すべきである。

[edit]

獣電戦隊キョウリュウジャー最終話後編 

 体調を崩して更新できませんでした。キョウリュウジャー最終回。大まかなストーリーは、他ブログさんがやっていますので、私的な見どころに絞って感想を書きたいと思います。ラッキューロキャンデリラは結局改心して、人間のために働こうと思います。その手始めとして、親とはぐれた子供の両親を探そうとする後日談はよかったです。
 どう見ても、悪党とは思えないそして、愛すべきキャラクター性を持っていただけによかったです。なにせ、ラッキューロは悪役でありながら、キャラクター商品まで出るほどの人気キャラになってしまいましたから。私もキョウリュウジャーファンに漏れず、この二人は好きです。アイガロンもドゴルドもいい味を出していました。
 よい読後感で終わり、よかったです。次のトッキュウジャーは第2話を見てからにします。

[edit]

プロフィール

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

蝶が舞うリースの時計

雨とあじさいが3Dで降るブログパーツ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。