07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

キョウリュウジャーブレイブ8 

 プテラゴードンの秘密を話すトリン。戦国時代、空蝉丸という武士が、プテラゴードンを相棒にキョウリュウゴールドとしてデーボスと戦っていた。ある日、トリンが、ドゴールドとカオスのわなにはまり捕まっていた。彼を救出する為に戦う空蝉丸。しかし、ドゴールドとともに謎の異空間に消失した。
 それを語っていた矢先にプテラゴードンとドゴルドが現れ、町を破壊する。ブルーブラックレッドはドゴールドと対峙し、ピンクグリーンは救助活動を行なう。
 プテラゴードンは人型のプテラライデンオーに変形する。キョウリュウジャーもキョウリュウジンで対抗するが、空中戦ができると言うプテライデンオーの有利さには勝てず、グリーンピンクが捕まってしまう。
 救出に向かう、とその時、ドゴールドの面が割れ、人間の素顔が現れる。そう、空蝉丸にドゴールドが取り付いていた。そして、ドゴールドがプテラゴードンを操れたのもこのためだった。空蝉丸の自我が取り戻しつつあるが、不安定な状態、次回へ続く。

 これが、今回の粗筋だが、ドゴールドが空蝉丸に取り付いていたと言うのは予想の範囲内だったが、改めてみると俳優の演技力のせいか、驚かされてしまう。ドゴールドが人質作戦に難色を示し、苦しんだのも空蝉丸の人格が反映されてのことで、ドゴールドの本性は、頭を使って怒りを誘発させる一見、軽いキャラなのには驚いた。ドゴールドのこれまでの武闘派キャラは空蝉丸の人格が反映されていたから。
となると、その後のドゴールドがどうか楽しみである。
 

スポンサーサイト

[edit]

« キョウリュウジャーブレイブ9  |  キョウリュウジャーブレイブ7 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://omegaphenix.blog.fc2.com/tb.php/69-16e7c6ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

蝶が舞うリースの時計

雨とあじさいが3Dで降るブログパーツ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。