05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

この世にはかくも酷い嘘と妄言にあふれている 

日本の犯罪は増えてなどいない。それは前回の私のブログ(下記)で紹介したとおりである。
http://omegaphenix.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

にもかかわらず、マスコミは、「日本の治安が悪化している」と言う嘘を垂れ流す
その中の一例として、下記の記事を見てみよう。(山本弘氏のブログを一部転載。出典もとは後述)
『サンデー毎日』9月30日号「相次ぐ連れ去り、監禁…暴走“ロリ男”はなぜ増える」より。
立て続けに起きた女児監禁事件。警察庁の犯罪情勢によると、昨年、未成年が被害者となった逮捕・監禁事件は79件で、一昨年に比べ12件増えた。また、13歳未満が被害者となった強制わいせつは1019件。2007~09年に900件に減ったが、一昨年から再び1000件台に。強姦は09、10年は50件台だったが、昨年は65件に増えている。

 本当かどうか、警察庁の犯罪情勢平成24年度版を見てみよう。

http://www.npa.go.jp/toukei/seianki/h23hanzaizyousei.pdf

「子どもを主たる被害者とする犯罪」のデータは、このファイルの119~122ページである。

>昨年、未成年が被害者となった逮捕・監禁事件は79件で、一昨年に比べ12件増えた。

 実際の数字はこうである。

      (2010年) (2011年)
殺人     125  →  123
強盗     357  →  312
強姦     547  →  526
暴行     5,037 → 4,851
傷害     5,262 → 5,025
脅迫     295  →  276
恐喝     2,248 → 1,858
窃盗犯   223,980 → 198,793
詐欺     710  →  576
強制わいせつ 3,760 → 3,598
公然わいせつ 426  →  354
逮捕・監禁  67  →  79
略取・誘拐  148  →  117

 見ての通りである。確かに「逮捕・監禁」だけは12件増えている。しかし、それ以外はすべて減少しているのである
特に強姦や強制わいせつの減少は「児童への犯罪は増えていない」と言うことを如実に物語っているのである。(山本弘氏のブログ、一部要約の上一部転載)
あきれるばかりである。
なお、この件の詳細は、下記の小説家の山本弘氏のブログを参照していただきたい。
http://hirorin.otaden.jp/e254322.html

このような嘘の垂れ流しは、氷山の一角である。
一事が万事、こうであるから酷いものである。

では、日本の若者は本当に危険なのだろうか。
結論から言えば、日本の20代、30代の犯罪率は低い
人類学者で総合研究大学院大学教授の長谷川真理子氏の論文の要約を紹介しよう。 日本における殺人検挙率は、1955年くらいまでは100万人あたり35人で、そこから一直線に下降している。こんな国はどこにもない。増加した国がほとんどである。 なぜ、減ったか、つまり「誰が殺さなくなったか」見ると、20代前半の男性である。
 つまり、日本の殺人低下に貢献してきたのは20代の若者である。若者をつかまえて、「犯罪者集団」というようなことはいいがかり以外の何者でもない。キッパリ他の世代と比べて、突出して多いわけではない。むしろ、平均値である。(長谷川真理子 『日本における殺人率の減少』「学術の動向」2005年10月号より)
これは類まれなことである。なぜなら、他の国では「20代、30代の凶悪犯罪が突出して多い」と言う傾向を示すからだ。このことを考慮に入れると、むしろ、日本の若者は「順法精神があり」「大抵の場合、理性的に行動ができる」とさえ言える。
尚、長谷川眞理子氏の論旨を、図解つきで、平易な文章で解説したサイトがある。(下記)これもあわせて参照されたい。
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20080619/1213814622


 さらに、これを裏付ける事実も紹介しよう。昨年の東日本大震災で、被災者は極限状態に置かれていたにもかかわらず「略奪や暴行をせず、理性的に行動していたこと」に他国から驚かれていたが(大抵の国ではこのような状態に置かれると、略奪や暴行が続発するものらしい)、これらの事実からむしろ、日本の若者ほど、理性的で順法精神を持った層はいないとさえ言える。
この事実を無視して、「日本の若者はなっていない」などというのは「自虐史観」以外の何者でもない。
特に「徴兵制論者」は、「日本の若者を鍛える為に韓国を見習って徴兵制を導入せよ」などという妄言を垂れ流す。
しかし、韓国の殺人は日本の倍以上もある。徴兵制に教育効果がないことの証左である。徴兵制は所詮、人殺しの方法を身につけることだけが関の山である。
それに、徴兵制がなくても日本人は「極限状態でも」理性的に行動できることは、東日本大震災で証明されている。
このような嘘と「嘘に基づいた妄言」には気をつけるべきである。


スポンサーサイト

[edit]

« トランスフォーマープライム32話  |  ゴーバスターズ Mission37 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://omegaphenix.blog.fc2.com/tb.php/31-155d8023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

蝶が舞うリースの時計

雨とあじさいが3Dで降るブログパーツ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。