04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

日本の治安の悪化は本当か? 

世間では、「日本の治安が悪くなった」とか「凶悪犯罪が多くなった」とか言われている。果たして本当にそうであろうか?
結論から言えば、これは真っ赤な嘘である。

平成19年度版「犯罪白書」によると、凶悪犯罪は減少しているのである。
特に強姦はピーク時の約4分の1に激減しているのである。
これに対し、「強姦は暗数があるから少ない」と言う反論が出てくるであろう。
これについては次のように反論できる。女性の権利は、戦後、強姦を届けても「強姦される方が悪い」と言うセカンドレイプが堂々とまかり通っていた。それに対し、現在は女性の権利が確立され、「痴漢冤罪」などに見られるように女性が有利になっている。従って届けにくい環境で少ないとすれば、昔は少なく、現在は多い、つまり、右肩上がりになっているはずである。しかし、事実は逆である。従って、暗数を考慮すればなおさら、減少しているのが明白である。

それでも、信用できない人のために殺人を見よう。殺人は申告罪ではなく、その上殺人の検挙率は90%を超える。(世間で日本の犯罪検挙率40%と言われているのは、自転車泥棒などの比較的軽微な犯罪も含めてのことである。)従って、殺人について言えば、数字がそのまま現実を反映しているといえる。
日本殺人認知件数
S25 2,892
S30 3,066
S35 2,844
S40 2,379
S45 1.989
S50 2,024
S55 1.684
S60 1,780
H01 1,308
H05 1,233
H10 1,388
H15 1,452
H18 1.309
H19 1.199
お分かりであろうか、年々減少しているのである。

次に国際比較を見てみよう。
10万人あたり殺人発生数
南アフリカ 75.3
コロンビア64.6
ブラジル 19.04
メキシコ17.58
フィリピン 16.02
アメリカ 6.8
イタリア 2.25
カナダ 2.10
オーストラリア 1.86
韓国 1.62
イギリス 1.41
フランス 1.2
ドイツ 1.17
日本 0.62

世界的に見ても、日本の殺人の少なさは異常なほどである。規格外の少なさである。
これは、日本の美点であり、誇るべきことである。しかし、何故か、日本人の大部分はこの事実を無視し、「日本は凶悪犯罪が増えている・治安が悪化している」などと言い立てているのである。このような「自虐史観」は由々しきことである。特に「戦争論の自虐史観を批判する人たち」が、このような「自虐史観」を信じているという自己矛盾は理解に苦しむことである。

それに対し、上記の犯罪白書では、日本の犯罪が近年、増えていないか?と言う疑問もあろう。よく見てみれば分かるが増えているのは横領だけである。横領と言うと「会社の使い込み」を連想するが、早い話が単なる「自転車泥棒」である。つまり、自転車泥棒が増えたので単にかさ上げしたに過ぎない。そして、「自転車泥棒」が増えたのも、単に「殺人などの凶悪犯罪が少ないので」暇になった警察が軽微な犯罪にも取り締まりの手を伸ばしたと言うだけの話である。

では、何故、このような嘘がまかり通るのであろうか?それは、一件一件の殺人事件をいちいち、大げさに報道する為、あたかも「犯罪が増えている」様な錯覚をしている為である。では、何故、報道機関はそのようなことをするのであろうか?これは、スポンサーや情報もとの警察や警備会社にとって「日本の犯罪が減っている」と言う事実が表に出れば、彼らが用済みになる為、嘘をついているのである。このような嘘のために、「子供に挨拶をした」だけで不審者扱いされるなどの弊害が出ている。
嘘にはだまされないようにすべきである。




スポンサーサイト

[edit]

« 私の好きなトランスフォーマー  |  タイトルなし »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://omegaphenix.blog.fc2.com/tb.php/2-638f390b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

蝶が舞うリースの時計

雨とあじさいが3Dで降るブログパーツ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。