06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

いけないルナ先生 

 1980年代、当時の青少年を魅了し、有害コミック騒動でやり玉にまで上がった「いけないルナ先生」が実写化して数か月。
http://www.cinemart.co.jp/ikenai-runa/
当作品は、中学生のわたるを(実写版では高校生)、ルナ先生が体を張って教育する内容のもの。ルナ先生は、母性本能溢れる性格で本人はわたるの母親代わりを自認しており、わたるが何か行き詰まると「自分が何とかしなければ…」と毎回、カラダを張ったHな個人授業を行っている。また異常なまでの心配性でありその思考回路は常人の理解を超えている。
例えばわたるがテストで0点を取ると、
「テスト0点 → 落第 → 退学 → 人生の落伍者 → 孤独な人生 → 自殺」
と言った具合に必ずラストは「死」や「自殺」に繋げるという、割と強引な想像を繰り広げ、「このままじゃわたるが死んじゃう~」と、わたるの命を救うために個人授業を行ってしまうのがパターンとなっている。

 ルナ先生は、わたるに教えるため、例えばプロレス技を教えるために、プロレス同好会にまで行って教わるのはすごい。

ルナ先生はたとえて言うなら、「わたる教育に特化した」池上彰のような存在ともいえるだろう。池上彰は社会現象や政治のことを分かりやすく噛み砕いて解説するが、ルナ先生も何かを教えるとき、わたるの興味や関心のあること(性的なこと、つまりH)を交えてわかりやすく解説する先生。

 Hを交えての教育はさておき、生徒の関心のあることや興味のあることを交え、分かりやすく教えるのはある意味、教師の理想形ともいえるだろう。ここまで愛されるのは、H抜きでもうらやましい次第である。


スポンサーサイト

[edit]

獣電戦隊キョウリュウジャー最終話後編 

 体調を崩して更新できませんでした。キョウリュウジャー最終回。大まかなストーリーは、他ブログさんがやっていますので、私的な見どころに絞って感想を書きたいと思います。ラッキューロキャンデリラは結局改心して、人間のために働こうと思います。その手始めとして、親とはぐれた子供の両親を探そうとする後日談はよかったです。
 どう見ても、悪党とは思えないそして、愛すべきキャラクター性を持っていただけによかったです。なにせ、ラッキューロは悪役でありながら、キャラクター商品まで出るほどの人気キャラになってしまいましたから。私もキョウリュウジャーファンに漏れず、この二人は好きです。アイガロンもドゴルドもいい味を出していました。
 よい読後感で終わり、よかったです。次のトッキュウジャーは第2話を見てからにします。

[edit]

アニス・ファーム魔改造 

 1980年代後半、超音戦士ボーグマンというアニメがありました。
詳細は下記のwikiをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%B3

その中の紅一点、アニス・ファームは当時の私を含めた青少年を魅了したものです。
そして、そのアニスちゃんがBeach Queenよりフィギュア化されました。

K0000464452_00031.jpg
当時、魅了したヒロインを見事に再現しています。

しかし、これでは物足りないので、模型製作代行のNoda-Yaさんにお願いして魔改造してみました。

尚、以下の画像は性的描写を含むため、それに嫌悪される方、空想と現実の区別できない方はご退出願います。
18歳以上の方は「自己の責任において」ご覧ください。

また、私は18歳未満の方が性的情報に触れることに禁止することには反対の立場をとっていますので特に禁止はしませんが、閲覧する際には「成人と同等の判断力」と「責任を負える」能力を持って閲覧されることを求めます。

尚、下記の画像をご覧になっての不利益については、一切、責任を負いませんのでご了承ください。


























































































DSCF927011.jpg
見事なプロポーションです。
DSCF92771.jpg
形もよく、大きなおっぱいをしています。
DSCF92821.jpg
お尻も負けず、形のよい大きなお尻をしています。

Noda-Yaさん、いい仕事をしています。満足しています。
いい仕事をしています。皆様も魔改造してみてはいかがでしょうか?

[edit]

ホンダがジャイロゼッターにライセンスを渡さない理由。 

皆様は、ジャイロゼッターをご存知でしょうか?
 簡単に説明するなら、実在の自動車を扱い、ロボットに変形して戦うというゲームで現在、アニメ化されている人気キャラ。
 で、何故か、ホンダだけはライセンスが降りず、ホンダモチーフのロボキャラだけはいない。
 そのわけをニュースポストセブンは、「クルマがロボットに変形して、さらにバトルするというのは、ホンダにとってはつらいでしょう。二足歩行するロボットといえば、ホンダにはASIMOがあります。人間の生活空間で、平和に共存する未来を目指して何十年もロボットを開発してきたのです。それなのに“戦う”のは大きな抵抗がある。しかも、クルマが変形した姿だとなおさらです」と説明している。
http://www.news-postseven.com/archives/20130126_168491.html


 しかし、ホンダは、過去に「戦うロボットのモチーフのキャラ」にライセンスを渡している。

トランスフォーマーのバイナルテック(実在の自動車メーカーからライセンスを得て、作成するシリーズ)で、オーバードライブの作成に監修までしている。(下記のアマゾンのリンク参照)
 
 方針が変わった可能性は否定できないが、ホンダは決して「戦う変形ロボット」に対しマイナスイメージを持っているわけではないことが分かる。むしろ、そういった提携には積極的でさえ、あった。

 となると、本当の理由は何だろう。

[edit]

超合金魂ダイオージャ 

待ちに待った「最強ロボダイオージャ」ついに来ました。
このダイオージャは、1982年に、サンライズで水戸黄門をモチーフにしたロボットアニメで、主人公ミト王子がお付きの者とともに悪を懲らしめるものです。
ミト王子の搭乗するエースレッダー
P5150177.jpg
知能担当のお付のスケさんの乗る
アオイダー
P5150179.jpg
パワー担当のカクさんの乗るコバルター
P5150180.jpg
この三体が
P5150182.jpg
合体してダイオージャになります。
P5150183.jpg
プロポーションがよく、目口鼻がある私好みのロボットです。
私の趣味の主流はトランスフォーマーで、そのため、タカトミ製のものを買うことが多いのですが、今回は珍しくバンダイ製のものを購入しました。
皆様にもお勧めです。

[edit]

プロフィール

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

蝶が舞うリースの時計

雨とあじさいが3Dで降るブログパーツ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。