10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

この世にはかくも酷い嘘と妄言にあふれている 

日本の犯罪は増えてなどいない。それは前回の私のブログ(下記)で紹介したとおりである。
http://omegaphenix.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

にもかかわらず、マスコミは、「日本の治安が悪化している」と言う嘘を垂れ流す
その中の一例として、下記の記事を見てみよう。(山本弘氏のブログを一部転載。出典もとは後述)
『サンデー毎日』9月30日号「相次ぐ連れ去り、監禁…暴走“ロリ男”はなぜ増える」より。
立て続けに起きた女児監禁事件。警察庁の犯罪情勢によると、昨年、未成年が被害者となった逮捕・監禁事件は79件で、一昨年に比べ12件増えた。また、13歳未満が被害者となった強制わいせつは1019件。2007~09年に900件に減ったが、一昨年から再び1000件台に。強姦は09、10年は50件台だったが、昨年は65件に増えている。

 本当かどうか、警察庁の犯罪情勢平成24年度版を見てみよう。

http://www.npa.go.jp/toukei/seianki/h23hanzaizyousei.pdf

「子どもを主たる被害者とする犯罪」のデータは、このファイルの119~122ページである。

>昨年、未成年が被害者となった逮捕・監禁事件は79件で、一昨年に比べ12件増えた。

 実際の数字はこうである。

      (2010年) (2011年)
殺人     125  →  123
強盗     357  →  312
強姦     547  →  526
暴行     5,037 → 4,851
傷害     5,262 → 5,025
脅迫     295  →  276
恐喝     2,248 → 1,858
窃盗犯   223,980 → 198,793
詐欺     710  →  576
強制わいせつ 3,760 → 3,598
公然わいせつ 426  →  354
逮捕・監禁  67  →  79
略取・誘拐  148  →  117

 見ての通りである。確かに「逮捕・監禁」だけは12件増えている。しかし、それ以外はすべて減少しているのである
特に強姦や強制わいせつの減少は「児童への犯罪は増えていない」と言うことを如実に物語っているのである。(山本弘氏のブログ、一部要約の上一部転載)
あきれるばかりである。
なお、この件の詳細は、下記の小説家の山本弘氏のブログを参照していただきたい。
http://hirorin.otaden.jp/e254322.html

このような嘘の垂れ流しは、氷山の一角である。
一事が万事、こうであるから酷いものである。

では、日本の若者は本当に危険なのだろうか。
結論から言えば、日本の20代、30代の犯罪率は低い
人類学者で総合研究大学院大学教授の長谷川真理子氏の論文の要約を紹介しよう。 日本における殺人検挙率は、1955年くらいまでは100万人あたり35人で、そこから一直線に下降している。こんな国はどこにもない。増加した国がほとんどである。 なぜ、減ったか、つまり「誰が殺さなくなったか」見ると、20代前半の男性である。
 つまり、日本の殺人低下に貢献してきたのは20代の若者である。若者をつかまえて、「犯罪者集団」というようなことはいいがかり以外の何者でもない。キッパリ他の世代と比べて、突出して多いわけではない。むしろ、平均値である。(長谷川真理子 『日本における殺人率の減少』「学術の動向」2005年10月号より)
これは類まれなことである。なぜなら、他の国では「20代、30代の凶悪犯罪が突出して多い」と言う傾向を示すからだ。このことを考慮に入れると、むしろ、日本の若者は「順法精神があり」「大抵の場合、理性的に行動ができる」とさえ言える。
尚、長谷川眞理子氏の論旨を、図解つきで、平易な文章で解説したサイトがある。(下記)これもあわせて参照されたい。
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20080619/1213814622


 さらに、これを裏付ける事実も紹介しよう。昨年の東日本大震災で、被災者は極限状態に置かれていたにもかかわらず「略奪や暴行をせず、理性的に行動していたこと」に他国から驚かれていたが(大抵の国ではこのような状態に置かれると、略奪や暴行が続発するものらしい)、これらの事実からむしろ、日本の若者ほど、理性的で順法精神を持った層はいないとさえ言える。
この事実を無視して、「日本の若者はなっていない」などというのは「自虐史観」以外の何者でもない。
特に「徴兵制論者」は、「日本の若者を鍛える為に韓国を見習って徴兵制を導入せよ」などという妄言を垂れ流す。
しかし、韓国の殺人は日本の倍以上もある。徴兵制に教育効果がないことの証左である。徴兵制は所詮、人殺しの方法を身につけることだけが関の山である。
それに、徴兵制がなくても日本人は「極限状態でも」理性的に行動できることは、東日本大震災で証明されている。
このような嘘と「嘘に基づいた妄言」には気をつけるべきである。


スポンサーサイト

[edit]

犯罪の質は最近になって悪くなったか? 

前回、日本の犯罪は減少していることは、言及したとおりである。
詳細はこちらへ
しかし、こういう疑問は沸くだろう。「犯罪の量は確かに減少したかもしれないが、質は今の方が酷いのでは?」
では、昔の犯罪を見てみよう。
昭和30年(1955).3.6〔17歳女子が弟を毒殺〕
昭和30年(1955).3.17〔17歳通り魔が9人の女性を襲う〕
昭和30年(1955).3.20〔21歳が少年殺害
昭和30年(1955).5.6〔17歳ニートが幼女を誘拐レイプ殺人 三枝子ちゃん殺し〕
昭和30年(1955).5.14〔高1が幼女をいたずら殺人 芳子ちゃん殺し〕
昭和31年(1956).1.23〔17歳のアルサロ新世紀強盗2人殺人事件〕
昭和31年(1956).3.9〔19歳女子が結婚に邪魔な家族4人を皆殺し〕
昭和31年(1956).8.14〔高2が継母など2人殺人未遂〕
昭和31年(1956).11.12〔17歳が幼女をレイプ殺害〕
昭和31年(1956).12.26〔中3が電車で女性ばかり7人の腿切り〕
昭和32年(1957).1.13〔19歳女が美空ひばりに塩酸かける〕
昭和32年(1957).3.4〔18歳ニートが一家7人皆殺し〕
昭和32年(1957).4.2〔26歳が同性愛から中1を殺害してばらばら〕
昭和32年(1957).5.22〔5歳と6歳が殺人〕
昭和32年(1957).11.21〔中1が勇気を得るため幼女を殺害〕
昭和33年(1958).1.26〔16才少年の理由なき殺人事犯〕
昭和33年(1958).2.18〔18歳がレイプ殺人してさらに強盗殺人〕
昭和33年(1958).2.27〔中3が女子生徒をリンチ〕
昭和33年(1958).3.18〔高3が小学校時代の教師を刺殺〕
昭和33年(1958).3.24〔22歳少年愛好者が小6絞殺〕
昭和33年(1958).5.12〔中2がカッとして幼児殺人〕
昭和33年(1958).5.21〔18歳が甥を誘拐殺人〕
昭和33年(1958).5.22〔少年の幼女強姦事犯〕
昭和33年(1958).6.〔ギャング映画に刺戟された17才少年の殺人事犯〕
昭和33年(1958).7.3〔19歳が通り魔殺人〕
昭和33年(1958).10.2〔17歳が片想いの幼なじみを駅で惨殺〕
昭和34年(1959).1.27〔荒川通り魔・女性21人殺傷〕
ざっと見ただけでも、昔も今も変わらないことが分かる。
尚、昔の犯罪に集めたサイト、「少年犯罪データベース」に詳しいので参考になさることをお勧めする。
また、同サイトの書籍化した本に「戦前の少年犯罪」もあるので併せて参考になさることもお勧めする。

このように、犯罪の質も昔も今も同じであり、今が酷くなったわけではない。
嘘にはだまされないようにすべきである。


[edit]

日本の治安の悪化は本当か? 

世間では、「日本の治安が悪くなった」とか「凶悪犯罪が多くなった」とか言われている。果たして本当にそうであろうか?
結論から言えば、これは真っ赤な嘘である。

平成19年度版「犯罪白書」によると、凶悪犯罪は減少しているのである。
特に強姦はピーク時の約4分の1に激減しているのである。
これに対し、「強姦は暗数があるから少ない」と言う反論が出てくるであろう。
これについては次のように反論できる。女性の権利は、戦後、強姦を届けても「強姦される方が悪い」と言うセカンドレイプが堂々とまかり通っていた。それに対し、現在は女性の権利が確立され、「痴漢冤罪」などに見られるように女性が有利になっている。従って届けにくい環境で少ないとすれば、昔は少なく、現在は多い、つまり、右肩上がりになっているはずである。しかし、事実は逆である。従って、暗数を考慮すればなおさら、減少しているのが明白である。

それでも、信用できない人のために殺人を見よう。殺人は申告罪ではなく、その上殺人の検挙率は90%を超える。(世間で日本の犯罪検挙率40%と言われているのは、自転車泥棒などの比較的軽微な犯罪も含めてのことである。)従って、殺人について言えば、数字がそのまま現実を反映しているといえる。
日本殺人認知件数
S25 2,892
S30 3,066
S35 2,844
S40 2,379
S45 1.989
S50 2,024
S55 1.684
S60 1,780
H01 1,308
H05 1,233
H10 1,388
H15 1,452
H18 1.309
H19 1.199
お分かりであろうか、年々減少しているのである。

次に国際比較を見てみよう。
10万人あたり殺人発生数
南アフリカ 75.3
コロンビア64.6
ブラジル 19.04
メキシコ17.58
フィリピン 16.02
アメリカ 6.8
イタリア 2.25
カナダ 2.10
オーストラリア 1.86
韓国 1.62
イギリス 1.41
フランス 1.2
ドイツ 1.17
日本 0.62

世界的に見ても、日本の殺人の少なさは異常なほどである。規格外の少なさである。
これは、日本の美点であり、誇るべきことである。しかし、何故か、日本人の大部分はこの事実を無視し、「日本は凶悪犯罪が増えている・治安が悪化している」などと言い立てているのである。このような「自虐史観」は由々しきことである。特に「戦争論の自虐史観を批判する人たち」が、このような「自虐史観」を信じているという自己矛盾は理解に苦しむことである。

それに対し、上記の犯罪白書では、日本の犯罪が近年、増えていないか?と言う疑問もあろう。よく見てみれば分かるが増えているのは横領だけである。横領と言うと「会社の使い込み」を連想するが、早い話が単なる「自転車泥棒」である。つまり、自転車泥棒が増えたので単にかさ上げしたに過ぎない。そして、「自転車泥棒」が増えたのも、単に「殺人などの凶悪犯罪が少ないので」暇になった警察が軽微な犯罪にも取り締まりの手を伸ばしたと言うだけの話である。

では、何故、このような嘘がまかり通るのであろうか?それは、一件一件の殺人事件をいちいち、大げさに報道する為、あたかも「犯罪が増えている」様な錯覚をしている為である。では、何故、報道機関はそのようなことをするのであろうか?これは、スポンサーや情報もとの警察や警備会社にとって「日本の犯罪が減っている」と言う事実が表に出れば、彼らが用済みになる為、嘘をついているのである。このような嘘のために、「子供に挨拶をした」だけで不審者扱いされるなどの弊害が出ている。
嘘にはだまされないようにすべきである。




[edit]

プロフィール

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

蝶が舞うリースの時計

雨とあじさいが3Dで降るブログパーツ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。